Home>泉州の地酒

泉州の地酒

泉州の地酒は

江戸時代、大阪は天下一の酒どころで、江戸に向かって大量の酒が運び込まれ”下り酒”としてもてはやされました。”天下の台所”として豊かな食文化に育まれ、鍛えられた奥行きの深い酒が多いのです。
その中でもこの地域には、泉州という地名が“泉が湧く”ことに由来しているように水に恵まれ、その昔から風土と歴史を醸成させた旨い地酒をつくる酒蔵が多くあります。
杜氏と蔵人達が魂を込めて仕込む酒は、呑めば響く絶妙の味、泉州の宝です。

井坂酒造場

文政元年創醸。お酒の神様として知られる奈良の”三輪神社”から特別に名前の使用を許された「三輪福」が有名。和泉山脈の最高峰葛城山の伏流水を使用し、こだわりを貫く素材と製法。清酒「だんじり」も人気。

寺田酒造

嘉永年間創醸。山田錦や五百万石の好適米を使い、水は和泉山系伏流水使用。「元朝」のほか、小篠綾子さんがたいへん好まれていた「篁」(たかむら)が有名。紀州街道沿いのだんじり祭りで賑わう並松町にあります。

北庄司酒造

酒造りが盛んだった日根野において、大正10年創醸。南部杜氏の技、手間ひまを惜しまない丁寧な酒造りで「ふくらみのある味わいを持ち、且つ綺麗な酒」を目指す。

未成年者の飲酒は法律で禁止されています